インポート

インポートで、外部ファイルを元にしてデータベースを作ることができます。

インポートでデータベースを作りましょう

外部ファイルのデータをHexabaseに読み込むには、CSVファイルをインポートします。

※サンプルファイル:customer.csv

1. 「新規データベースの作成」ページを呼び出したら、「インポートして作成」をクリック。

2. インポートするファイルを選択します(例:顧客一覧.csv)。選択方法は2通りあります。1つ目はファイルを直接ドラッグ &ドロップする方法。2つ目は灰色の領域をクリックして、ファイルを選択する方法です。 3. ファイルの選択が完了すると「次へ」ボタンが表示されます。選択したファイルに間違いがなければ、「次へ」ボタンをクリック。

4. プレビューページでは、データをHexabaseの中でどのように保存するか確認できます。確認後に「次へ」ボタンをクリック。

5. 画面項目設定ページでは、取り込むデータの種類を選択します。このとき、かならず必ず1つは「テキスト」型のフィールドを設定します。 例) 「name_1」で、「テキスト」型を選択。 「タイトルに利用」のチェックボックスをオン。

6. 「次へ」ボタンをクリック。

7. レイアウト設定ページでは、項目の位置をドラッグ&ドロップで変更できます。レイアウトを設定したら、「次へ」ボタンをクリック。

8. 確認ページで「インポート開始」ボタンをクリック。

これで、データベースにデータをインポートできました。

※インポートに使用できるファイルは、CSVファイルだけです。

インポートするファイルがマイクロソフトExcelの.xlsxフォーマットの場合、csvファイルとして保存し直します。

  1. Microsoft Excel でファイルを開く。

  2. 「ファイル」>「名前を付けて保存」をクリック。保存先のフォルダを指定する。

  3. 「ファイルの種類」で「CSV(カンマ区切り) *.csv」を選択して、「保存」ボタンをクリック。

データベース名を変えましょう

1. 変更したいデータベース名にマウスを重ねて、[ ⁝ ]設定ボタンをクリック。 2. メニューから「設定」を選択する。

3. データベース名を変更し、「更新」ボタンをクリック。

ボタンをクリックしたら・・・完成!

データベースの内容はインポートしてから編集することが可能です!