データレポート

「データレポート」は、データベースの特定のアイテムやフィールドだけを表示したり、連結・集計したりできる機能です。Hexabaseでは、「データレポート」を使って報告書(レポート)用の表を作成できます。また、ダッシュボードのグラフ(チャート)も、データレポートを基に作成します。

新しいデータレポートを追加する

  • +新しいデータレポートを追加をクリック、または左メニューのデータレポートにマウスポインタを合わせて、[ ⁝ ]ボタンをクリックして、+新しいデータレポートを追加を選択する

※ すでにデータレポートを作成している場合、2つ目以降のデータレポートは、[ ⁝ ]ボタンで作成します

  • データレポート出力条件の設定ページが表示されたら、「基本設定」にデータレポート名を入力する

  • データソースの設定タブをクリックしたら、データレポートに使用するデータベースを選択する

  • 出力フィールドの設定をクリックしたら、データソースの設定タブで選択したデータベースを右側のメニューで選択する

  • データレポートに表示したいフィールドの矢印をクリック。

  • レポートを表示するボタンをクリック。

これで、データレポートを作成できました。

データレポートを呼び出す

データレポートを出すには、 左メニューでデータレポート名をクリックします

データレポート出力条件の設定

データレポート出力条件の設定では、データレポートの基本設定・権限・データソース・出力フィールドを設定できます。

設定を呼び出す

データレポート出力条件の設定は、次の2つの方法で呼び出すことができます。

  • 左メニューで、「データレポート出力条件の設定」を呼び出したいデータレポートにマウスポインタを合わせて、[ ⁝ ]ボタンをクリックして、データレポートの編集を選択する

  • デーレポートを呼び出した後、右上の設定アイコンをクリックします。

設定を保存する

データレポート出力条件の設定を保存するには、レポートを表示するボタンをクリックします。このボタンは、データソースの設定出力フィールドの設定をおこなうと、有効になります。

基本設定

データレポートの名称や、検索項目を設定します。

権限設定

データレポートを利用できるロールを指定します。選択したロールを持つユーザーが、このデータレポートを利用できるようになります。

データソースの設定

データレポートに出力するデータベースを指定します。また、関連付けたデータベースも設定できます。

※ 詳細は、データベースを連結して表示するをご覧ください。

出力フィールドの設定

データレポートに出力するフィールドを設定します。

データソースの設定で、あらかじめデータソースを選択する必要があります。

詳細は、出力フィールドを設定するをご覧ください。

出力フィールドを設定する

出力フィールドの設定タブでは、データレポートに出力するフィールドを設定します。

データフィールドを選択する

出力フィールドの設定で選択できるデータフィールドは、データソースで選択したデータベースです。

データソースの設定でデータベースを結合した場合、結合したデータベースも選択できるようになります。

表示順を指定する

カラムは、出力フィールドの設定タブの順序で表示します。

表示順序は、ドラッグアンドドロップで入れ替えできます。

データを集計する

データを集計するをオンにすると、カラムのデータに合わせて集計できます。

集計方法は、次のとおりです。

  • グルーピング

  • 最初の値

  • 最後の値

  • 値の件数

  • 値の列挙(改行区切り)

クロス集計を利用する

  • データを集計するをオンにする

  • アクティブになったクロス集計を利用するをオンにする

  • カラム名データ値に利用を選択する

出力フィールドの表示名設定

「データレポートに表示する項目(カラム)」の出力フィールドの表示名設定**アイコンをクリック

表示名を設定する 閉じるボタンをクリック

出力フィールドの表示書式設定

  • 「データレポートに表示する項目(カラム)」の表示書式設定アイコンをクリック

出力フィールドの詳細設定/セルの条件付き書式設定

  • 「***出力フィールドの詳細設定」が表示されたら、セルの条件付き書式設定の「+」ボタンをクリック

  • 必要な項目を設定する

  • 閉じるボタンをクリック

カラムの表示/非表示

  • 「データレポートに表示する項目(カラム)」の表示/非表示アイコンをクリック

このカラムを検索条件に含めない

  • 「データレポートに表示する項目(カラム)」の検索条件に含めないアイコンをクリック

セルをマージする

  • 「データレポートに表示する項目(カラム)」のセルをマージアイコンをクリック

  • マージ判定フィールドを選択する

データのソート

  • 「データレポートに表示する項目(カラム)」のデータのソートアイコンをクリック

  • 「しない」「昇順」「降順」を選択する

数値単位の変更を有効にする

この設定は、「基本設定」タブにある数値単位の変更を有効にするを、項目単位で未適用にします。

  • 「データレポートに表示する項目(カラム)」の*数値単位の変更を有効にするアイコンをクリック

データベースを連結して表示する

データレポートでは、データベースを関連付け(連結)して、ひとつの表として表示できます。

事前準備

この機能を利用するには、データベース設定ページで、あらかじめ関連付けしたいフィールドにデータリンクキーデータベースの関連を設定しておきます。そして、データレポートのデータレポート出力条件の設定にある「データソースの設定」で、データベースの結合を設定します。

ここでは、table_1のidと、tables_2のsales_idを関連付ける場合を想定しています。

データベースの結合

  1. データレポートの「データレポート出力条件の設定」を呼び出す。

  2. 「データソースの設定」としてとしてtable_1を指定する

  3. 「データベースの結合」として、table_2を指定する

  1. 「出力フィールドの設定」で、table_1のカラムを選択する

  2. 「出力フィールドの設定」で、table_2のカラムを選択する

  3. レポートを表示するボタンをクリック。

便利な機能

検索条件に一致するアイテムだけを表示する

データレポート出力条件の設定データソースの設定タブで、検索項目を指定すると、検索条件に一致するアイテムだけを表示できます。

実行時に検索する(データフィルター)

データフィルターにより、表示するデータを絞り込みできます。

この機能を有効にするには、データレポート出力条件の設定基本設定タブで、実行時に編策条件を指定するを有効にしておきます。

検索条件は、初期表示条件として保存できます。この保存条件は、データソースの設定の検索項目とは独立しています。

数値単位を切り替える

データレポートでは、数値の単位を切り替えできます(千、百万、十億)

この機能を有効にするには、データレポート出力条件の設定基本設定タブで、数値単位の変更を有効にするを有効にしておきます。

CSVダウンロード

データレポートは、CSVファイルとしてダウンロードできます。

CSVファイルをダウンロードするには、ダウンロードボタンをクリックします。

データレポートを削除する

  • 左メニューで、データレポートにマウスポインタを合わせて、[ ⁝ ]ボタンをクリック

  • データレポートの削除を選択する