アイテムの操作

ここでは、データベースのデータを操作する方法を説明します。

Hexabaseでは、データベースの各データを「アイテム」と呼びます。表の横1行がアイテムになります。一般的なRDBのレコードに相当します。

また、「アイテム」のカラムを「フィールド」または「項目」と呼びます。

データ一覧

Hexabaseは、データベースのビューを使って、データをメンテナンスすることができます。

そのために、Hexabaseは、「テーブルビュー」「ボードビュー」「グリッドビュー」という3つのビューを持っています。

この3つのビューは、アプリケーションバーの下のボタンで切り替えできます。

※「ボードビュー」「グリッドビュー」を利用するには、データベースの基本設定で、対応するビューを有効にしておく必要があります。

テーブルビュー

テーブルビューは、通常のデータ一覧画面です。

テーブルビュー > ソートする

テーブルビューでは、カラム名をクリックすることで、そのカラム名によりデータ一覧をソートできます。

テーブルビュー > レイアウトを初期設定する

テーブルビューでは、ソートしたりカラムの幅を調整したりすると、そのレイアウトを初期設定として保存するか、確認ポップアップを表示します。

ボードビュー

ボードビューは、ステータス別にアイテムを整理したビューで、タスク管理ツールとして利用できます。

Hexabaseでは、データベースに「ステータス」というフィールドがあると、自動的にワークフローの手順名として利用できます。そして、ボードビューで、ステータスごとに進捗状況を把握できます。

グリッドビュー

グリッドビューは、表計算ツールのようにデータベースを表示する画面です。グリッドビューでは、表形式でデータを入力・編集できます。

グリッドビュー > レイアウトを変更する

グリッドビューは、フィールドの表示順序を変更できます。

  • グリッドビューの右上にある列順序を設定するボタンをクリック

  • 初期設定レイアウトが表示されたら、ドラッグ&ドロップで、フィールドの表示順を指定する。

  • 更新ボタンをクリック

検索する(データフィルタ―)

ビューでは、データフィルターにより、表示するデータを絞り込みできます。絞り込み条件は、よく使う一覧に保存して、データフィルターや左メニュー・ホーム画面で呼び出すことができます。

絞り込み条件を設定する

  • データフィルターをクリック

  • データフィルターポップアップで、絞り込み条件の対象となるアイテム名を選択

  • 絞り込み条件を指定する

  • フィルターボタンをクリック

絞り込み条件を初期表示条件として設定する

絞り込み条件を初期表示条件として設定するには、データフィルターポップアップで、この条件を初期表示条件として設定するをオンにします。

絞り込み条件を解除する

データフィルターポップアップで、フィルター解除ボタンをクリック

絞り込み条件を保存する

  • データフィルターのよく使う一覧へ保存ボタンをクリック

  • よく使う一覧ポップアップが表示されたら、よく使う一覧の名前を入力して、新規作成ボタンをクリック

操作しながらデータを絞り込む

テーブルビューでは、データ一覧を操作しながらデータを絞り込む簡易絞り込みを利用できます。

  • テーブルビューで、カラム右端のメニューボタンをクリック

  • 表示ページ内の簡易絞り込み機能を利用するを選択する

  • カラム名の上部に条件入力欄が表示されたら、絞り込み条件を入力する

データを操作する

データベースのデータを追加・変更・削除するには、テーブルビューかボードビューでアイテム詳細ポップアップを呼び出します。

ここでは、データに対して、あらかじめ指定しておいた操作だけが可能となり、データに対して思わぬ操作を防止します。

アイテム詳細ポップアップを呼び出す

  • アイテム詳細ポップアップを呼び出すには、テーブルビューかボードビューで表示したいアイテムをクリックします。

  • アイテム詳細ポップアップを閉じるには、閉じるボタンをクリック

ビューで、新しいデータを登録する

  • ビューの新規登録ボタンをクリック

  • 新規作成ポップアップが表示されたら、登録したいデータを入力する

  • 保存ボタンをクリック

アイテム詳細ポップアップで、新しいデータを登録する

  • アイテム詳細ポップアップのデータの操作メニューで新しいデータを登録するをクリック

  • 新規作成ポップアップが表示されたら、登録したいデータを入力する

  • 保存ボタンをクリック

コピーして新規に登録する

  • アイテム詳細ポップアップのデータの操作メニューでコピーして新規に登録するをクリック

このデータを削除する

  • アイテム詳細ポップアップのデータの操作メニューでこのデータを削除するをクリック

ステータスを操作する

Hexabaseでは、データベースに「ステータス」というフィールドがあると、自動的にワークフローの手順名として利用できます。そして、ボードビューで、ステータスごとに進捗状況を把握できます。

また、アイテム詳細ポップアップのメニューで、ステータスを操作できます。

次のステータスに進める

  • アイテム詳細ポップアップのデータの操作メニューで次のステータスに進めるをクリック

  • 必要であれば、コメントを入力する

  • 保存ボタンをクリック

※コメント欄を拡大するには、コメント欄を拡大アイコンをクリックします。

前のステータスに戻る

  • アイテム詳細ポップアップのデータの操作メニューで次のステータスに進めるをクリック

  • 必要であれば、コメントを入力する

  • 保存ボタンをクリック

便利な機能

メニューを折りたたむ

アイテム詳細ポップアップでは、データの操作メニューを折りたたむことができます。

ホーム画面にピン留めする

特定のアイテムをホーム画面にピン留めするには、次のように操作します。

  • アイテム詳細ポップアップを呼び出す

  • 右上のホーム画面にピン留めするスイッチを有効にします

関連データを確認する

関連するアイテムを関連データとして登録できます。

関連データを確認するには、アイテム詳細ポップアップで、関連データタブをクリックします。

既存のデータを関連データとして登録する

既存のデータを関連データとして登録するには、次のように操作します。

  • アイテム詳細ポップアップで、関連データタブをクリック

  • リンクを追加アイコンをクリック

  • リンクを追加ポップアップが表示されたら、関連にしたいデータを選択

  • リンクを追加ボタンをクリック

関連データを追加する

関連となるアイテムを新しく追加するには、次のように操作します。

  • アイテム詳細ポップアップで、関連データタブをクリック

  • データを追加アイコンをクリック

  • リンクを追加ポップアップが表示されたら、関連にしたいデータを選択

  • リンクを追加ボタンをクリック

このデータの情報を確認する

アイテムのメタデータを確認できます。ここでは、データの作成日時・作成者・更新日時・更新者・アクセス権限などを確認できます。

  • アイテム詳細ポップアップで、このデータの情報の▲ボタンをクリック

CSVダウンロード

ビューに表示しているデータは、CSVファイルとしてダウンロードできます。このとき、データフィルターや簡易絞り込みで、表示するデータを絞り込んでいる場合、絞り込み結果だけをダウンロードできます。

CSVファイルをダウンロードするには、ダウンロードボタンをクリックします。