基本操作

それでは、Hexabaseを使い始めましょう。

管理画面の初歩的な操作を、TODO サンプルで説明します。

管理画面の基本操作を知っておこう

  1. Hexabase にログインして、管理画面を表示する

  2. ワークスペースを選択する

  3. アプリケーション(新しいアプリケーション)を選択する

  4. データベース(TODO サンプル)を選択する

これで、TODO サンプルの画面が表示されました。

TODO サンプルを試してみよう

TODO サンプルは、タスク管理データベースのサンプルです。

サインアップすると、このサンプルアプリケーションが登録済みになっています。

管理画面では、この TODO サンプルのデータベースを、次のように操作します。

なお、Hexabase では、データベースに登録したデータレコードを「アイテム」と呼びます。

新規データを登録する

まず、データを登録します。

  1. 「新規登録」ボタンをクリック

  2. 必要な情報を入力

  3. 「保存」ボタンをクリック

  4. 登録したデータレコードが表示される。右上の「×」ボタンで閉じる

データを更新する

登録されたデータを操作します。

  1. 操作したいデータを一覧でクリック

  2. アイテム詳細画面が表示されたら、右側のアクションメニューで必要な操作を選択する

ステータスを変更する

Hexabase のデータベースに、「ステータス」というフィールドがあると簡易ワークフローとして利用できます。

次は、フロントエンドのサンプルアプリを呼び出して、クライアント側から TODO サンプルを呼び出してみましょう。 > [フロントエンドのサンプルアプリ]